LOG IN

3・21, 2人のソロライブ感想

by Atelier Hinoha - ヒノハ -

3月21日の春分の日に開催された「2人のソロライブ」。
そもそも年末のローズインザヘザーLIVEの打ち上げの際に
高倉さんから「ソロライブがやりたい!」と酔った勢い
からのオファーで実現と相成りました。

もうお一方のソロはギター&ブズーキ奏者の星直樹さん。
札幌アイリッシュ関係では古参で、RINKAでのライブや
ソロも手馴れているご様子。貫禄ですね。今回はバウロンを
2年前から始めたえーいち君と何曲か合わせての演奏でした。

二人のリハーサルを熱心に見つめる高倉さん。
えーいち君は元々ドラム奏者でしたが
この2年ですっかりバウロン奏者らしくなっていましたね。

リハーサルは好調。写真を見るといぶし銀のような貫禄が。
伸び伸びと弾く音色は艶やかに響き、適度な反響で
素晴らしいライブになるだろうと思いました。

お客さん達も入り、まずは星さん&えーいち君の演奏から。
ブズーキの繊細な音やアイリッシュの儚げな曲が
素晴らしいですね!バウロンが入ることで勢いがつき、
いつもの星さんのソロとは違ったテイストで新鮮でした。

続いて高倉さんのソロへ。相当な緊張が襲ってきた様子でした。
途中、自分自身に向かって「頑張れ!」と発した言葉に、
大変心打たれました。ロッククライミングの話をされていましたが、
「今自分はロープなしで絶壁を攻略している、そんな場所に私はいます」
「杭を打てず足を滑らせ、6m滑落しています」などの名言が生まれる
瞬間に立ち会えたことに感謝しております。

ライブ後半になると演奏と足のリズムがバラバラになっても
何故かちゃんと弾けているという「脳内誤作動」も起こり、
大変盛況なライブとなりました。

最後は3人でポルカの演奏を。この高倉さんのホッとしたお顔。
しかしこの組み合わせはメロディーが高倉さんしかおらず、
責任重大だと気づかれた様子。1曲ずつ何かと笑いが巻き起こる
とても楽しいライブになりました。ありがとうございます。

◾️高倉さんのライブへの想いを綴ったブログはこちらへ◾️

しばらくはライブや企画のイベントはありませんが、
決まり次第、こちらのブログやフェイスブックに記載
致しますので、今後もどうぞよろしくお願いいたします。

Atelier Hinohe - ヒノハ -


Atelier Hinoha - ヒノハ -
OTHER SNAPS